2008年08月07日

魅力

私でまだ地質の学校の1名の学生な時、私は英語版の《中国日報》の上から読んで1篇の紹介の祁連山の野生動物の文章に着きました。あの紙面の長くありません文章の中で、作者は工夫を凝らしてヒグマに言及しました。文章は詳しくヒグマの体の特徴を述べるだけではなくて、生活の習慣、また盛んに読者に全体の地球と人類の深い意義についてヒグマの存在を紹介しました。文章は、この星の上で、1つの種がないのは余分で、1つの種がないのが存在に孤立することができるのなようですと言います。ヒグマは地球の大家族の1人の員で、人類の友達の1つです。私達はヒグマを離れて、自分の一部を離れましたのに等しくて、それから私達の生活は変えます。自分が小さいときから河西回廊の上で生活するのだかも知れなくて、祁連山が別なものの感情の原因を持っていることに対して、あの文章は私にとても深い印象を残しました。

仕事に参加した後に、私のありかの地質のチームの主要なワークエリアちょうどある祁連山、これは祁の中隊の山を私の働いて生活した1つの忠実な伴侶にならせます。それから、歳月の経過に従って、祁連山の私に残しておく記憶はだんだん多くなって、ますます重くなって、ほとんど言うことができて、彼女は私の生命の一部です。

私でちょうど仕事の第一個の春に参加することを覚えていて、私は祁連と山中に派遣されて地質の全面調査に従事します。私がすぐにも祁連山に入る前に、あれはヒグマの文章に関してまた私の脳裏に跳び込みました。好奇心がありますのから、もっぱら1位と祁連山にここ40年の付き合いの古い地質のメンバーを殴って祁連山のヒグマのストーリを尋ねます。彼は私にあげます

経理 求人
未経験 求人
経理
会計

経営 コンサルタント
経営コンサルタント
財務コンサルタント
人事コンサルタント
マーケティング
生産・物流コンサルタント
未経験 コンサルタント
posted by リュウマン at 11:36| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業

彼はこの襲撃に打たれて目が覚めて、本能的に振り始めてそれではまだ天から降って来る敵を迎える燃え残りのたいまつがあります。燃え残りのたいまつを残して彼女の身で打って、彼女の苦痛は1回大声で叫んで、地の上で転げ回りました。しかし彼女はすぐに自分でになることを打ち落としますに相手のたいまつを発見します。そこで、彼女は力ずくで大きい痛みを我慢して、また身をひるがえして狂暴に飛びかかってきます。彼のせっぱ詰まる中、体を断崖の上でへよりますと、両手をまっすぐ伸ばして相手の2匹の前足をしっかり受け取って、すぐさま1を低くて、容赦なくいちばん彼女のあごの下にあります。彼は断崖に頼って、彼女と対峙する局面を形成しました。彼女は憤怒しました。彼女はまたこれまでこのような恥辱を被ったことがありません。彼女の鋭い歯は服の相手を締めてどこにも口をおりなくて、彼女の前足は相手に高く手に載せられて引き裂くことができません。彼女はかつて後肢で相手に打撃を与えることを試みて、また相手のあの足が不自由な人に閉じますに居住されます。長い時間の対抗の(以)後で、双方はすべて抵抗して反撃を加える力を失いました。彼らはしかし誰も先に手を放します勇気がなくて、とるほかなくて更に相手の方式を貼ることに馬力をかけて安全を得にきます。この時に彼らは1対のきつく抱きしめる恋人同士のようです。
いっしょに天から降って来る石は足もとに彼らのに降りて、彼らの良い夢を驚かしました。彼らは期せずして相手をとき放しました。そして瞬間に互いに引き離した距離。石に沿って下ろす方向にたぎって、彼らはむこうの断崖に向って頭を上げて見渡します。この時、彼らは暗黒の中で彼らの所の共に必要とするものを発見しました:1匹の幼い青羊。これは1種の最も良い岩登りの動物です。自身の軍事は不足のそれらを装備して、いつも自分の洞穴をほとんど通行することができない断崖絶壁の上でどこにあってか、だから外部の襲撃を防ぎ止めにきます。洞穴が双方にそれぞれただそれらの自分でようやく通行することができる小道を残して1本がほとんど用いて家に帰りますかます逃げ隠れます。小さい青羊の両親の2日間前の早朝からは他所へ行って食物を探して更に帰って来ていません。まだ風雨の小さい青羊を経験したことがなくてずっと自分の両親をかわいがってどうして突然自分が要りませんかを知りませんでした。それはどこが知っていることができ(ありえ)ますか?その両親の2日間前のその朝が出て行った後に時間は長くありませんて、2粒の銃弾にあげ的中されました。2日間小さい青羊に来てつらい思いを受け尽くしました。そのつらい思いは肉体の飢餓から来るだけではなくて、更に両親に捨てられましたのから来た後に心の悲しみ。この日の晩、それは一人で悲しんで涙を流して、突然次に組みついて闘う音を耳にしました。この時、その心の中は更に驚き恐れます。もともとそれが静かにじっとしているのでさえすれ(あれ)ばその(もとの)場所でどんな事について同じくありませんていた。しかし世渡りの経験が浅いそれは驚き恐れる中で穴の口に来て下を向いて見回すことを我慢できません。それは、あのその後万一なら自分の両親か?と思っています。結局、それはうっかり足を踏み外してひとつの石を落として自分を暴露したことを蹴ります。
彼と彼女はこの新しく現れた筋に2人の元からある構造を打ち破られました。彼らは共に夜の景色の中でかすかに弁別することができる小さい青羊に対してしばらく(して)まじまじと見ました。あとで、彼らはまた期せずして眼光を1つまで着いたことに対して。彼らは同時に相手の咽喉がうごめいたことを発見します。この発見は彼らの双方の眼光の中で1種の仲間の様子の暗黙の了解をあらわすことを使用します。1ラウンドを通ってまた頭をもたげてじっと見つめました後に、彼らは再度眼光で最も直接の交流を行います。その後、互いに信用を表すため、彼らはそれぞれ両側からよじ登ります。
彼女のスピードは速くて、上がっていった後に洞穴のに到達して1本が路上にあぐらをかいて初めなど彼に座りますと。彼は全力がかかってとてもやっと崖に登って突いて、棒に持っていて洞穴に到達する別の1つの交差点をしっかり守りました。彼らが第3回眼光の交流を使った後に、本当の協力を始めました。彼の責任は自分のこちら(側)にある交差点を守るので、彼女、自分のありかのあの道気をつけてに沿って断崖の中にその洞穴の中で襲撃を始めることに責任を負います。小さい青羊は縮こまっていることを始めてと洞穴の深い所へ身を隠します。最後にそれはついに発見して、この温かみの家は自分ですでに屁は自分をかばえませんでした。そこで、何とか生き延びようとする本能はそれを狂い気が狂って洞穴を脱出して別の1本の通路に沿って崖に向っていちばん逃げさせます。ちょうど崖に着いて突いて、その頭が行って直ちにひどく一撃を受けて、すぐ引き続き、その首のまたあとで追ってこられる彼女は必死にしっかり噛みます。
時間は凝固しました。小さい青羊がもうもがきない時、彼女はやっと疲れきり松は口を開きます。
彼女は頭を上げて自分の仲間に向かって1つ眺めました。彼の眼光もちょうど彼女の身に降ります。彼らの眼光は行って最後に一回交流します。
このごく確かなのは最後に一回交流するのです。今度の交流の時間はそのようなが短くて、しかし順次伝えた内容ところがそんなにの多いこと。交流の時、彼らはいかなる時間の思考がいらないですでに徹底的に相手の意図の自分の立場とみんなの共通の需要に分かりました。
彼ら一生の中の最後の1つの動作、今度の交流に伴いますと同時発生したのです。彼女は鋭いむき出した牙に小言を言って跳ねてと起きます。彼はも口を開けて勇猛に反撃します。完全にと同時にで、彼らはそれぞれ相手の首の側面をしっかり噛んで、そして同時にすべて上肢で相手をしっかりとかき集めて居住します。彼らの各自の口の中、すべて同時に相手のあたたかい血液に流れ込みました。あれは自分に生存し続けることができる幸せな美酒です。彼らはすべてあの美酒に陶酔されました。ひとつは中から郷里のあの温かみの土で築いたオンドルの配りだすすがすがしい香りを嗅ぎ出して、ひとつは中から子供が自分の育むこともとですくすくと育っていることを見ました。
大雪はこの時におり始めました。

翌日の早朝から、年を取った猟師は1つの猟をした良い時なことを判断します。大雪がはっきりしていて動物達足跡に下へ拓本をとることができ(ありえ)るため、隠れるとても深い獲物達にふだん簡単に自分の行方を暴露させました。彼は着手して尾根の上に来ることに乗って、はるかに高い連峰の上で見えて、1対の真っ白い恋人は長い年月が経過してキスを抱擁します。

営業 求人海外営業MR
未経験 営業営業のキャリア事務 求人一般事務営業事務経理事務医療事務
posted by リュウマン at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女の前進

しばらく(して)対峙した後に、結局やはり劣勢にある彼はまずモバイルを選びました。彼は十分に地形を考えました:自分のこちら(側)から溝の底に下りるのは実際には1つの離れること本当の溝の谷が10数メートルの1つの2級のプラットフォームがまだあるのです。これは平らな台はあまりに広くありませんて、しかしとても平らで、牧畜民の家はプラットフォームで溝の谷の下流いくつかの地方によります。このプラットフォームは溝の谷最も底部に着いて、1丁の刀が同じ断崖を削るので、向こう岸は全部1つの比較的少しゆるやかな急な傾斜です。相手はやって来たいならば、川沿いの底は断固たるあり得ません。彼女は1つの溝の谷の狭い所を探して跳ねてと過ぎることしかできません。自分がしっかりとそしてを歩いて2級のプラットフォームと溝の谷の相連なるへりの上で彼女と平行を維持すると仮定して、それでは彼女は直接やって来ます勇気がありません。もし彼女は勇気があるならば、彼女また半分空でかけて下ろしていません時自分の1の棒恐らくに乗って彼女を打って断崖の中に落ちます。そこで彼女は少しであることを選んであるいは少しの地方をおりることしかできなくて、こうなると自分で不意打ちを受けることがあり得ません。彼の経験で、それなら、一人で唯一のオオカミに対処して、問題ができ(ありえ)ないのが大きすぎます。でも、当面の急務のがやはりできるだけ早くあの牧人の家に駆けつけるのが最も安全です ――彼は自分ですぐの体力に対して自信はあまりないのです。
  彼は先に本能的に手の中のあれをちょっと触って杖になってまた武器の棍棒になることができることができて、それから1本のたばこを探り出して、マッチでつけていて、これでやっとほんの少しを始めて朝鮮の山の斜面が次に歩いていきます。
  彼女は彼のタバコを点したマッチの漕いでいる一瞬の間で、自分の目がひどく熱したと感じます。とても速くて、彼女はそれでは彼女の恐れの火炎を1つの小さい赤色のスポットライトにならせたことを発見して、そのスポットライトは明るくなったり暗くなったりして溝の底に移動します。彼女は安心しました。相手の挙動は実際には彼の自分に対する恐れを暴露しました。彼女は口を横にゆがめ始めて、自分さえ気づいて容易に笑ていなくて、象の1つの純真さは悪賢い詰問する少女は自分を追求する男の子のペテンの(以)後ので得意げさを見抜きました。優位の明らかな彼女は焦ってべつに行動を始めません。彼女は別の1つの角度が相手にもっと大きい心理の圧力を加える必要があると感じます。彼女が相手がすでに向こう岸のプラットフォームの上に下りたことを確定する時、彼女は4ひづめを上でへそっとそれぞれ前に向かって後ろへとちょっと伸ばして、自己満足して自分であの流線型のしなやかな腰部を感じて、それからしなやかに向上して跳ねますと、空中で1本の美しい悔やむ弧を分けて、象の一面の感動させる雪片、音声がなく向こう岸のプラットフォームの相齊の半分山の中腹に降りたと上。
彼は彼女のこのすばやいのが跳ねますとために心の中の1は厳しいです。暗黒の中で、彼はまるでひとしきりのそよ風の1人の少女の柔らかい水のサンプルを巻き起こした長髪なことが見えて、あの長髪は1筋の光のようで、ひっそりと自分の目の前でそっと高くあげると消息がなくて、自分の心の中に1本の鋭い傷跡を分けました。それから、彼はあの青々と光る宝石が見えて、自分で20メートルの向こう岸にならないでこの上なく魅力的な光芒にきらめいています。彼の心は震えて、本能的に足どりを止めました。彼の両手は棍棒を強く握って、たばこを口の中でくわえて、しかし吸い込むことを忘れて、大きくなった目を見張って緊張してむこうを見守っています。彼の呼吸は差し迫って、掌の中でひとしきりひとしきり出ますへ汗が出て、後頭部の突き出た部分はしびれて、いつも感じて自分を吹いている1筋の冷たい風があります。自覚していない中に、彼の体は抑えることを始めてしきりにぶるぶる震えます。彼女は動いていません。彼女は自分が体力と心理状態の上ではるかに相手の誇りを上回ることを感じました。特に彼女は相手の自分に対する恐れることを意識して、相手の死亡に対する恐れ。その後、彼女の誇りは更に強烈になりました。これは彼女にしばらく自分の立場を忘れさせて、飢餓のため家の中のそれの死に瀕する子供を忘れました。でも彼女はこの時がまだ進撃の最優秀時機ではありませんことを知っています。彼女は相手とまだしばらくの時間に応対しなければならないのでなければなりません。人類に対処して、光は武力で明らかに足りません。
しばらく(して)対峙して、彼は相手のしばらくまだ出撃していない意味を発見して、心の中は少し1時(点)をリラックスしました。彼はまた1本のたばこをつないで、棒の半分側をしっかり握って体が一方で相手の動向を観察していて、一方で下を向いて移動します。彼女は相手がモバイルを始めた後で、また少ししばらく(して)待って、才邁は優雅な足どりをつけて、側は度を過ぎて、この上なく朝鮮の彼に軽くなって選んで笑って、彼を伴います行。
天には月がなくて、ただ隙間なくきらめいている一日の無数の星、人にただ望むだけ、発射しないで現実的な意味の光明を持ちます。風のなめらかな小さく粗雑なのさえは動かしたくありませんて、ぬれる方式にしみこみますで夜の寒さを順次伝えています。谷の底の水、乱雑にほえて、象のかごの中はけものに困って、千百努力を経た後で、依然として1種の適当な方式を(に)探すことができないで報復しますそれではかごの外の嘲笑とからかい爆発の虚無の叫びから来ます。山の斜面の上で至る所すべて林の茂みあるいは石ののかすかにの黒影です。あれらの黒影の中で陰謀をいっぱい隠すようなのがと険しいです。河谷の両側、2つがそれぞれ考え事の相手を抱くので、連れ立って行きます。両の緑の1の赤い火炎ひっきりなしにぽろぽろと、原始の世界の中でいつまでも変更しない真理を明るくしました。
このように連れ立って行くのが残酷です。彼らはいつも必ず自分なければなりませんを、相手、周囲の環境と時間流れ去ってと有機的に十分にまじって着きます一緒に思考に行きます。
最初の時に、彼女は各方面できっとすべて圧倒する優位を持っています。そこで彼女は1人の腕白な少女が実直な恋人をからかうように一方で歩いて、一方で度々姿勢を少し変えて、相手をしるしをつけ始める怒りとごろつきを楽しみにします。彼は必ずこのようなそっけなくすることを辛抱しなければならなくて、胸いっぱいの怒りを慎重なじっと考えることになって、この悪ふざけをすることが好きな恋人の真実な考えを推察して、正しい方式をとります自分の目的を達成します。はい、自分でつけるのがだらける1人のひのとがあることができなくて、特に憤怒することができなくて、そのように自分の知能指数を0時(点)まで下がらせて、それによって自分に下ろして相手の口の中に入らせます。
彼の第5本のたばこがつけている時、彼女が始まるのは焦りました。
牧人のテントまでますます近くなって、更に青春の若い時期のゲームをこのようにして自分を壊すことができ(ありえ)るかもしれません。彼女の心の中は少し急いで鳴きます。行動を取るはずです。彼女のまず思い付いたのは前あるいは後から河谷を跳んだことがあって彼を襲撃するので、正面の襲撃する成功率が難しい保障なためです。そこで彼女は先に足どりを加速してから前へ走ります。しかし彼女は1つの適当なのが所にジャンプしますまで(へ)探すことができなかった。彼女はまた帰って体の向きを変えていって、やっと1つの狭い所から峡谷を越えます。しかし彼女が相手が間近な時、彼女は失望しました。相手はとっくに彼女のペテンを見抜いて、その(もとの)場所でひと山の火を点火して火に立ちます後で、大きい棒を手に持って、少しも恐れる様子がなく彼女と彼女の眼光を迎えています。あの火の手は明らかに彼女のある1本の神経にやけどをしました。彼女は相手の10数メートルの地方まで収めて足どりに居住して、落ち着いている1の会、うず高くなった火に沿ってゆっくりと姿の優美な回ることをしています。彼は明らかにすでに彼女のがだからするのが優雅な中から焦って不安なことを垣間見ました。彼は知っていて、主動権はすでに自分の手の中に帰りました。彼の眼光はこのような自信のためもうそんなに氷のように冷たくて強硬でないようになります。彼は棒を握っています。彼女の足並みのリズムについて行って、穏健に火の別が1枚彼女とで応対します。何が閉じ込めて下りてきた後に彼女はこのように下りるのが間違いなく駄目なことを意識して、また1つの新しい考えを生みました。彼女は火事(引火)になる方向にまた1時(点)が間近で、静かにあぐらをかいて芝生の上でへ座りますと、先に美しい大きい目で彼にあでやかな光波を投げだします。それから、そっとまぶたを合わせて、恋人のやさしさの唇を待っているように寝つくふりをします。しばらくの時間(以)後に、この唇は結局は落ちていません。彼女は不満に思って目を開き始めて、すぐにそれでは翻弄の眼光を満たすことを見ました。刹那、彼女は徹底的に怒らせましたに。彼女は一度もこのようなそっけなくすることを受けたことがません。彼女は憤怒して大いに1回ほえて、この叫びは十分に彼女の獣性を暴露しました。彼女は火の手の自分に対する脅しを考えていられないで、跳ねてと起きて、相手に飛びかかります。しかし、うず高くなった火を越えることを待たないで、彼女は悲痛に空中で文化(人)が尊重されないでひとつが体の向きを変えることを叫んで、ひどく降りた上。彼女は地の上でいくつか周たぎって、身の火が完全に消すことを待たないで、あたふたと半分山の斜面に逃げます。彼女は身の火が撲滅したことを待った後にやっと胸先の毛がすでに焼かれてたくさん行くことを発見して、全身1面痛みを刺すのです。彼女はこらえきれず歯をしっかり噛んで腹の中でへ何の冷気を吸い込みました。
彼女は座って半分山の斜面の上で少ししばらく(して)休息させ整備して、舌で自分の傷口をなめています。彼女の長くありません生命の過程の中で、かつて何度もの傷を受ける経歴がもあった。ヒグマ、ユキヒョウ、更に多くのは同類の歯あるいは足がすべてかつて自分に傷を受けさせたことです。あれらはしかしすべて焼かれたこととの違いは大きすぎます。彼女は明白ではありませんて、あのような太陽のように発光することができ(ありえ)たもの、も足がない歯がなくて、それではそれは結局どんな武器を使って自分に傷を受けさせたのですか?狡猾な人類、またどのようにこんなに恐ろしい武器を掌握したのですか?あの山の死亡の影が立ち上っている火を眺めて、放棄する考えは彼女の脳裏の中でふわりとよけますと、また別の1つの更に具体的な死亡する脅しにあげ否定されました。引き続き進撃するのは自分に生存し続けさせる唯一の選択です。もう1度言って、彼女の家はありますひとつ自分が乳で救済の子供に行くことを待っています。彼女は冷静にしばらく(して)考えて、まず必ず彼を導いてうず高くなった火を離れなければならないことに分かって、自分で助手の機会があります。はい、気が弱い人類は猟銃、落とし穴と火の以外、二度といかなるその他の技量。彼女は始まって自発的に下を向いて移動します。彼女はずっと彼の前を歩いて、それによってリズムをしっかり制御します。今回、彼女の足並みは落ち着いてまた落ち着いています。
彼は少ししばらく(して)ただ待つだけ、迷いもなくも始まって出発するつもりです。これは少しもいかなるていなく懐疑の価値に値します。彼はうず高くなった火の中から1本の燃える棍棒を拾って、また1縛って小さく枯れていて融通がきかない乾燥している鞭の麻を縛って、火がすぐにも消す時迅速に点火することができることを防ぎます。これは用いて相手の襲撃の唯一の武器に対処するのです。すぐさま彼は出発しました。さっきのその時の激戦、彼に相手の弱点を見抜かせました。彼の心はいつももうかけません。2度あって、彼は甚だしきに至っては大きく胆っ玉は火事(引火)になって彼女自発的に朝鮮のを近づくことを振り回しています。彼女は意外にも本当に恐れて萎縮しました。彼はとても得意げで、自分がすでに心配することができることは何もなかったことを感じました。
この中間、できるだけ早く問題を解決するため、彼女も過去何回も各種の方法で彼に近寄ることを試みて、襲撃を始めます。しかし彼は直ちに彼女にぞっとさせるたいまつを使ってそれでは彼女を警戒線の外でさえぎります。すぐにも牧人が間近でテントの地方の時に駐留して、彼女はどうしようもなく足どりを止めました。彼は興奮しました。彼は甚だしきに至っては足がかわいがることを忘れて、自分の体力がすでにもうすぐもうだめだったことを忘れて、馬力をかけて前へ走っていきます。しかし、そばに走る時、彼は目の前の光景に驚いてぽかんとされました。もとはテントの地方を掛けたことがあって今ただ残るだけいっしょにここがかつて今テントを掛けたことがあると証明する芝の生えている土を薄く四角に切ったものの黒色の傷痕の塊がなくて、上のひと山の牛糞が燃えた後に残す燃え残りは捨てる者の物寂しさに話しています。あの牧人は今朝にすでに運んで戻して溝口の冬に位置しますまで(へ)閉じ込めていきました。

風がないけれども、彼は抑えてしきりにいくつ(か)の身震いを打ちました。彼は知らないで、続いて自分はどのようにするはずです。
  あのたいまつはテントの領土に入って犬のが伝来して吠えて叫ぶことができなかったを歩いて、これは彼女に新しい生命力を持ってきました。彼女は鋭く意識して、あの牧畜民はすでに山のふもとの下の冬季の牧場まで運んで行きました。つまり、少なくとも今晩にになって、この道の上将は更にその他の人類の出現の可能性があることはでき(ありえ)ませんでした。彼女はこの突然来た意外な喜びに奮起されました。すでに失った情熱はまた金槌で彼女の胸を打ちます。彼女の再度の気持ちが伸びやかな体は魂の躍起に軽くなって、流星の様子が光り輝き音声がなくて彼の目の前に降りました。彼の満面の困惑と恐れを見ていて、彼女は彼の目の縁の歯に向って、得意げな笑顔を現します。人類の徹夜する才能はオオカミにとても及ばないのです。この点は疑いをはさむ必要がありません。彼女は彼の狼狽し混乱する表情の中から知っていて、彼もはっきりこの点を知っています。
驚きあわてること中で、彼は突然思い出して、更に下流の方向へ1段の道を歩いて、谷川の底部に下りることができる1本の小道があります。そこに天然の洞穴がひとつあります。秋まで、いくつかが山の外の農民に住んでいて山の中に着いてマーモットをかぶせますあります。彼らはそこに住んでいます。進山の時に、彼はかつてそこに足を休めていたことがあります。あの何人かの好意の農民はまた制のマーモットの肉をあぶりますで彼をねんごろにもてなしたことがあります。その穴は大きくなくて、最多ですぐ2メートルが来るのが深いです。しかしマーモットをかぶせる人は石で穴の両側で2つの壁を積んで、終わる穴の有効な長さを増加します。彼は、もし自分で隠れてその洞穴の中で行くことができるならば、3つについて保護がありますと思っています。そのように穴の口でひと山の火をつけて、自分でよけて中で安心して休むことができます殺されますかます凍死することを考慮する必要はありません。今晩をよけるのでさえすれ(あれ)ば、夜が明けた後に、この溝の中でいつも猟師の経過、自分で助けたことを得ることができます。

彼は多く思っていますかを考えていられないで、急いでまたいくつか鞭の麻を探して自分のたいまつを続けて、また下を向いて歩いていきます。彼女も歩みを速めて、追撃の距離を短縮して、彼に圧力を加えています。地方に着いて、彼は後退して、一方で慎重にしっかりと相手を監視して、一方で慎重な地下は谷底に着きました。ようやく谷底に下りて、彼はそれなのに絶望して発見して、知らないのはいつの1度の洪水で、すでにその洞穴を突き破りました。彼はそれでは崩れた洞穴を見ていて、突き破られる自分が見えましたそうです。谷間の中でどこがひとしきりの寒い風を吹いてきますが分からないで、彼の手の中のたいまつは突然消しました。彼は1つの黒色の前兆がしっかりと覆って彼の心身に居住したことを感じます。
と後にいる彼女が捉えてこの時機憎々しげに飛びかかって上がってきたことを締めます。


できる事務を目指して
事務ナビ
営業事務の基本
一般事務への道
事務の仕事ナビ
医療事務への道
神奈川
営業もまっしぐらコンサルタントもまっしぐら
働くということ
営業の道にたつ
posted by リュウマン at 10:58| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサギ

彼は金灘を採取してすでに3年になったことに着きます。初めの年、彼は洞穴の中で命懸けでやって支配人のために一生懸命努力して、ひどい目にあい尽くした。結局、あの1年の支配人の効果と利益が珍しいのは良くて、彼、何も落ちていません。仲間達みな狂喜したことを目の前に見て家に帰って結婚して、彼の心の中はとても降参しないで、決定は更に昨年をつづり合わせます。また1年向こうへ行って、結局、支配人の効果と利益はまた新しい段階に入って、彼は依然としてやはり何も得るところがありません。最もひどいのは、この年、彼の1人の小さいときからいっしょに成長した仲間は鉱山(物)の洞穴が崩れて永遠のに中で埋められますためです。金さんはただ彼だけに家が1万元事を行かせたことをあげました。同時に埋めたのは他のいくつかの人がまだいて、しかし一人の家は1万元を受け入れる時金さんにその他の要求を出したことがありません。彼らはすべて貧乏人の家の子供で、彼らの家人からすると、1本の運命が家に1万元持ってくることができるのはすでに多くなりました。これっぽっちの銭対金さんは何と言えません。事故の発生は2日間がない、金さんは地方を交換して洞穴を引き続きつけます。でもこの年はまた別の何人かの仲間も稼いでお金をつけて、楽しく家に帰って嫁をもらっていきました。考えていて永遠に非合法的な仲間で埋められて、彼は動揺したことがないのではありません。誰が自分の生命を大切にしませんことができ(ありえ)ますか?しかし、彼がそれがまた郷里で彼を待っていて金を稼いでいって彼女の女の子をめとることを思い出す時、彼はまたためらいました。縁談を決めてすでに2年になって、なぜ岳父はずっと事の処理に賛成していませんのか、自分でお金がないためではありませんか?1人の男の人、またどんな奥さんをめとるお金がありませんか?彼はこのように帰るのがとても恥ずかしいと思って、また残して下りてきました。彼は、神様はきっとあれらの力をおりることを承知する人のを配慮しますと思っています。この年、彼は仕事をしはじめる非常に一生懸命努力します。しかし、今回、彼はお金を稼ぐことができなかっただけでなく、1ヶ月の前で、彼らはそれはかばう洞穴を支えていないで地滑りにあって、彼と一緒に洞穴の中の20余り沙娃子は永遠に下で埋められます。

彼はとても幸運です。事の発前の1の小さいちょっとの間、彼は下腹部のひとしきりのかすかにの張ることと感じて、行くのが一方で行きます便利です。小便はまだ小便をしていないで終わって、ドンを耳にして、彼は突然個を打って震えて、すぐさま感覚がなくなった。彼の目が覚める時を待って、自分の1本の足がすでに打ち切られたことを発見します。幸いにひとつの巨大な石は彼を保護して、彼はやっとその他のあれらの仲間達ように永遠に下で埋められることがありません。私はこのようにして死ぬことができなくて、彼は心の中で自分を励まします。何とか生き延びようとする欲求は彼を自分の1本の足がすでに切れたことを考えていられなくならせる。彼は金さんが井戸まで(へ)下りてきてまた生存するかもしれない人のを探すことはでき(ありえ)ないのなことを知っています。金さんにとって、そのような代価は高すぎます。彼は一生懸命手で外へ掘ります。彼は続けざまに3日掘って、やっと太陽に会いました。彼の出て行ったその日、ちょうど金さん新しいかまどの口の施工する基礎を定める祝典です。金さんが彼の奇跡に対して生還していかなる表示がなくて、彼がこれまでこの自分の鉱山(物)の上で3寿命を売った人に会ったことがのありませんようです。それとも貧しい兄弟たちは義侠心を重んじて、彼を自分で粗末なテントの中で引き取って世話します。何人かの仲間の世話のもとで、1ヶ月の教養を通って、彼はついに立ち始めました。しかし彼は更に井戸をおりて砂金を採集することができませんでした。彼は自分ですでに砂金を採集する気持ちがもなくなった。彼は自分の襤衣服を眺めて、びっこをひきましたり,曲がりましたりする足、突然山の外のその貧しい家を思い出して、自分の女の子を待っているそれがあります。どうして分からないで、この時のその軒は彼にとって親切にさせ彼のみぞおちはひとしきりひとしきり痛みを出します。彼は、貧しい上に一生、同じくいつも運命をに比べて投げるのがこの地方で仲が良いでしょうか?と突然とても興奮して思っています。彼は更にためらっていないで、あのセットのぼろぼろな組布団を捨てて、向山の外で自分の家は歩いていきます。黄金彼にとってすでに少しも意義がありません、自由にこの人を酔わせた空気に呼吸することができて、毎日すべて永遠に自分の両親がも嫌ではありませんことに会うことができて、本当の生活ですと言えます。あの20余りの兄弟はやはり日に魂があって、きっとこの問題を考えているのもです。放すのは普通で、彼の一日の時間は山の外に駆けつけることができるのでさえすれ(あれ)ば、しかし今もうだめです。一日の苦しい山に登り川を渡ることを経て、彼はただ半分の道のりだけを歩いて、帯のの食べたのも一回足を踏み外す中で深い溝の谷に落ち込みました。今晩、彼は必ず1つの人を探し当てなければならなくて、あるいは十分な食べることのを探し当てます。さもなくば、彼は恐らく間もなく永遠に山中さえこの祁に残します。彼はぼんやりとこの溝の中に1戸の牧畜民の人があることを覚えていて、棍棒をもがいていますうちに登って上がってきました。山頂に着きますと。彼は直ちに溝のむこうの提げ手の上で2つの青々と光る明かりにきらめいていることを発見します。

彼女のひもじい思いをした時間は彼よりずっと長い多いことを要します。

1週間前に、彼女の夫は早朝から彼らの居住した洞穴を離れて外にいって捕食して、帰って来ていませんでした。これはとても正常です。1人の猟師にとって、どこが毎回猟に出ることを期待することができても収穫がありますか?もしも本当であることを狩るのはそんなに容易なら、世界ですぐ猟師のこの職業があることはでき(ありえ)ませんでした。翌日晩、夫はまだ帰って来ていないで、彼女の心の中は少しひそひそ話をします。でも彼女はやはり自分で残しましたに望みをつけます。彼女は夫の能力を信じます。彼女の目の中で、自分の夫は世界で最も優秀な猟師です。さもなくば、初めは自分で同じくでき(ありえ)ないで多い追求者の中で彼を選びます。しかし、3日目、彼女がまたしきりに1つの晩に依然として夫の音信がないことを待った時に(以)後で、彼女の心の中は分かって何が発生しました。彼女のべつに多すぎない悲しむこと。このような事はジャングルの中で正常すぎて、ジャングルの中の1人の員として、彼女がとても小さい時すでにこの鉄の同様に氷のように冷たい掟を学んで受け入れました。彼女がちょうど成年時、彼女の父と母はこの掟で死にます。そのため、彼女とその他のジャングルの生物にとって、もしこのような事が発生しませんならば、大自然は自分で自分で壊すことを消してしまうことができ(ありえ)ます。これはとても残酷ですが、しかしジャングルの平衡をつなぎとめて、同じくそれぞれの群にすべて誠実な運動を得させて、みんなの共同発展を促進しました。4日目、彼女は残るだけの1匹のウサギで腹の足しにして、それからあの4つ育んでまだ目の子供を開き始めていません。しかし午後まで着いて、彼女の乳はただ十分なだけの2匹の小さいオオカミの子はお腹いっぱいになりました。3日目、彼女の乳はすでに1匹のオオカミの子を食べさせることしかできませんでした。5日目、第1匹のオオカミの子は飢餓のため死んでしまいます。6日目と7日目、またそれぞれ2匹死んでしまいました。今日、彼女の最後の1人の子供が息がたえだえで慎むことにじっとしています。この時、彼女ははっきり見て、でなかったら行動して、恐らく自分で死んでしまいました。ようやく日暮れまで辛抱して、彼女は慎重にやせこけて弱々しい体を引っ張って洞穴を出て行きます。子供について、彼女の最も心配したのはその他のいくつかの野獣です。人類となると、彼女はですまで(へ)少しも恐れません。数年来、彼女と夫はずっとここに住んでいて、子供の安全を保証するため、彼女と夫はずっと堅持していけないで人類を侵犯します。一回だけあって、ここの牧畜民は彼女の1匹の小さいオオカミの子に抱いていきました。憤怒している彼女は牧人のヒツジ小屋を襲撃して、一晩の間に牧畜民の10数頭の羊をかみ殺しました。目が覚める牧畜民は翌日また彼女のオオカミの子を返しました。しかし今日、彼女は自発的にこの牧畜民の羊の群れを襲撃することを決定しました。それについて1つの急で険しい窪んだ所の下の高度に位置して2メートルの田舎くさい壁の囲むヒツジ小屋にならないで、彼女は更に熟知することができないのです。ただあの才能に行って食品を捕まえることを確保します。このように難しい構想の後の結果を招きますけれども、彼女の現在の境遇はしかしも彼女を顧みられないのが多くにならせました。これは彼女の唯一の選択です。今頃本当に1匹のウサギを発見すると仮定するため、彼女の体力で、同じくウサギが穴に入る前に短い時間の中でそれを殺すことができますとは限りません。ヒツジ小屋は幸いに彼女にとって道のりはそして遠いとは言えなくて、2つの尾根がひっくり返ったことがあって溝の中に着くのでさえすれ(あれ)ば。彼女は4ひづめを開けて、あまりに大きい力がかからないで溝に来て突きます。上がってきますと、彼女は狩る者天性の鋭い目すぐにむこうの尾根を発見した上の彼に頼ります。
彼らは同時に収めて足どりに居住しました。
今度が遭遇するのは彼ら2つにとってすべて少し突然です。彼らはそれぞれ自分の山の頂の上で立って、冷静に互いにしばらく(して)見守って、互いにすべて続いて発生することができ(ありえ)るかもしれないすべてを考えています。
彼にとって、迅速に牧畜民の家はほとんど凍死しますかます餓死しますかます埋葬するオオカミの腹の唯一の道を免れるのなのになります;彼女にとって、その人はいったん牧畜民の家に入ったら、牧畜民を呼び覚まして、今晩の計画は徹底的にだめになることができ(ありえ)ます。彼を殺して、牧畜民を侵犯しませんことができるだけではなくて、その上自分で子供のたくさんの日の食糧ことができますと。これは自分と人類の付き合いの原則に合いませんますが、しかしこの時にになって、すでに第2種類の可能性がなくなった。その上、彼女で彼の一瞬の間まで見て、相手がすでに彼女と戦う能力がないことを知っています。


不動産関連ブログtcpip仙台求人愛知転職夢気分戦略コンサルタント日誌we enjoy what we enjoy!千葉県産転職愛知 求人関東の求人、転職情報関東転職理由埼玉の希望の光神奈川
posted by リュウマン at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利用者増

端正な竜坐牢、13名の官吏の行政は処理して、これは騒いだ8ヶ月の長期の“トラが扉を照らします”が最終です結局。

これがどんな“3億インターネット利用者の勝利”ですかと思ってはいけなくて、この事はインターネット利用者の関係とすべてなくて、陝西省ZFはもし圧力を受けて表に立って解決しなかったら、更に8ヶ月引っ張って恐らくすべて止まりません。たとえインターネット利用者の力は作用を発揮しますとしても、3億人はと一人で8ヶ月苦しめて、これは勝利を叫ぶことができますか?

これは何が歓呼する事に値するのではありませんて、1件の手法のきわめて非常に悪いインチキ事件、何万の学者の専門家で、数十万記者、上億インターネット利用者の共同では糾弾しておりて、しっかりと立って微動だにしないでなんとそびえ立つことができて、端正な竜は一人で絶対戦っていますなくて、彼は一人ではありませんて、彼の背後で、1つのどんなに巨大な利益グループで、私達は想像の勇気がありません。前のたくさんのネット友達、専門家はすべて十分に論証したことがあって、周老虎は絶対ににせで、どのように作り事を言う細い点さえ分析の非常にはっきりしていること。しかしこのような分析はいかなる結果を生むことはでき(ありえ)なくて、3億インターネット利用者の糾弾のため、既定の事実をも変えることができなくて、インターネット利用者と専門家、記者達、すべて変化事件の過程の力。

更に見るべきなのは、この事件の処理結局の中で、刑事に処理される端正な竜がだけあって、その他の官吏はすべて行政の処理で、最後の公布の結果は更に驚きいぶかります:“虎照が作り事を言うのは端正な竜の1人を結びますしたことで、公職人員の参与がありません。”もしも1人のこのような農民なら、熟練し20Dカメラ(しかも彼を問わないで買って買えません)を使うことができて、更にPhotoshopを使って写真を改正することができて、あの中国はプレミアリーグの米に急いでもし本当に自由自在に典故を用いて文章を書くならば。(この話がいかなる農民の意味を軽蔑することがありません、おせっかいが余計な事をしないでください)
神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
仙台市
埼玉 求人
愛知 求人
職安 求人情報
ハローワーク 求人情報
中途採用
CCNA
CCNA
転職サイト
一部の事は多すぎると言わないでください、暗示するまでします。みんなに笑い話を見ます:
posted by リュウマン at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電池

小さく里にことづけて言及したことがあることを編んで、私の小さいTZ電池カードは掛けて切れて、原稿を断ち切った後に急いで顧客サービスの検査を届けます。もとはそれとも期限内を修理保証すると思って、急速に解決することができるべきで、電池カードだけではないのが掛けて切れて、ノートの底の殻の上の押さえるボタンも切れて、それからこれは“外部からの力の損傷”に属して、無料にする修理保証の範囲、でも彼らは先に私に少し申請するように手伝うと言って、無料にして底の殻と電池を交換することができることかを見ますと結果の顧客サービス人員が検査した後に言います。

何日(か)を過ぎて私に電話をかけて、失敗を申請して、お金を取り出して部品を交換することしかできなくて、底の殻は700余りを要して、電池は500余りを要して、私に交換するかどうかを聞きます。仕方がなくて、交換しないで使うことができなくて、彼らに承諾するほかありません。

今日まで(へ)私のもとの工場から届けに来た部品を知らせて、私を要して交換します。送っていった後に1余り時間待って、ついに交換し終わって、お金を取り出す時本当にとてもかわいがります。私と同じにTZノートを使うもし友達があるならば、それからまた輸入完成品で中側も包んだので、くれぐれも注意して下さい、歩の私の後塵になってはいけません。この地方は私はTZ設計の傷だと感じて、ノートと電池はそれぞれ2つのカードのボタンの位置です、もしあなたは輸入完成品で中側も包むならば、比較的にきついため、毎回包みの中からノートを出す時、あなたの手はすべて電池の部位で力を入れるので、いつも以前甚だしきに至ってはカードをその地方に掛けるのが松をやります私のようでこのように切るのなことに有り得て、これはあなたの問題ではありませんて、これはソニーの問題で、しかし最後に勘定したのそれとも自分。海外営業
MR
未経験 営業
営業のキャリア
事務 求人
一般事務
営業事務
経理事務
医療事務
経理 求人
未経験 求人
経理
会計
経営 コンサルタント
経営コンサルタント
財務コンサルタント
人事コンサルタント
マーケティング
生産・物流コンサルタント
未経験 コンサルタント
posted by リュウマン at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。