2008年08月07日

営業

彼はこの襲撃に打たれて目が覚めて、本能的に振り始めてそれではまだ天から降って来る敵を迎える燃え残りのたいまつがあります。燃え残りのたいまつを残して彼女の身で打って、彼女の苦痛は1回大声で叫んで、地の上で転げ回りました。しかし彼女はすぐに自分でになることを打ち落としますに相手のたいまつを発見します。そこで、彼女は力ずくで大きい痛みを我慢して、また身をひるがえして狂暴に飛びかかってきます。彼のせっぱ詰まる中、体を断崖の上でへよりますと、両手をまっすぐ伸ばして相手の2匹の前足をしっかり受け取って、すぐさま1を低くて、容赦なくいちばん彼女のあごの下にあります。彼は断崖に頼って、彼女と対峙する局面を形成しました。彼女は憤怒しました。彼女はまたこれまでこのような恥辱を被ったことがありません。彼女の鋭い歯は服の相手を締めてどこにも口をおりなくて、彼女の前足は相手に高く手に載せられて引き裂くことができません。彼女はかつて後肢で相手に打撃を与えることを試みて、また相手のあの足が不自由な人に閉じますに居住されます。長い時間の対抗の(以)後で、双方はすべて抵抗して反撃を加える力を失いました。彼らはしかし誰も先に手を放します勇気がなくて、とるほかなくて更に相手の方式を貼ることに馬力をかけて安全を得にきます。この時に彼らは1対のきつく抱きしめる恋人同士のようです。
いっしょに天から降って来る石は足もとに彼らのに降りて、彼らの良い夢を驚かしました。彼らは期せずして相手をとき放しました。そして瞬間に互いに引き離した距離。石に沿って下ろす方向にたぎって、彼らはむこうの断崖に向って頭を上げて見渡します。この時、彼らは暗黒の中で彼らの所の共に必要とするものを発見しました:1匹の幼い青羊。これは1種の最も良い岩登りの動物です。自身の軍事は不足のそれらを装備して、いつも自分の洞穴をほとんど通行することができない断崖絶壁の上でどこにあってか、だから外部の襲撃を防ぎ止めにきます。洞穴が双方にそれぞれただそれらの自分でようやく通行することができる小道を残して1本がほとんど用いて家に帰りますかます逃げ隠れます。小さい青羊の両親の2日間前の早朝からは他所へ行って食物を探して更に帰って来ていません。まだ風雨の小さい青羊を経験したことがなくてずっと自分の両親をかわいがってどうして突然自分が要りませんかを知りませんでした。それはどこが知っていることができ(ありえ)ますか?その両親の2日間前のその朝が出て行った後に時間は長くありませんて、2粒の銃弾にあげ的中されました。2日間小さい青羊に来てつらい思いを受け尽くしました。そのつらい思いは肉体の飢餓から来るだけではなくて、更に両親に捨てられましたのから来た後に心の悲しみ。この日の晩、それは一人で悲しんで涙を流して、突然次に組みついて闘う音を耳にしました。この時、その心の中は更に驚き恐れます。もともとそれが静かにじっとしているのでさえすれ(あれ)ばその(もとの)場所でどんな事について同じくありませんていた。しかし世渡りの経験が浅いそれは驚き恐れる中で穴の口に来て下を向いて見回すことを我慢できません。それは、あのその後万一なら自分の両親か?と思っています。結局、それはうっかり足を踏み外してひとつの石を落として自分を暴露したことを蹴ります。
彼と彼女はこの新しく現れた筋に2人の元からある構造を打ち破られました。彼らは共に夜の景色の中でかすかに弁別することができる小さい青羊に対してしばらく(して)まじまじと見ました。あとで、彼らはまた期せずして眼光を1つまで着いたことに対して。彼らは同時に相手の咽喉がうごめいたことを発見します。この発見は彼らの双方の眼光の中で1種の仲間の様子の暗黙の了解をあらわすことを使用します。1ラウンドを通ってまた頭をもたげてじっと見つめました後に、彼らは再度眼光で最も直接の交流を行います。その後、互いに信用を表すため、彼らはそれぞれ両側からよじ登ります。
彼女のスピードは速くて、上がっていった後に洞穴のに到達して1本が路上にあぐらをかいて初めなど彼に座りますと。彼は全力がかかってとてもやっと崖に登って突いて、棒に持っていて洞穴に到達する別の1つの交差点をしっかり守りました。彼らが第3回眼光の交流を使った後に、本当の協力を始めました。彼の責任は自分のこちら(側)にある交差点を守るので、彼女、自分のありかのあの道気をつけてに沿って断崖の中にその洞穴の中で襲撃を始めることに責任を負います。小さい青羊は縮こまっていることを始めてと洞穴の深い所へ身を隠します。最後にそれはついに発見して、この温かみの家は自分ですでに屁は自分をかばえませんでした。そこで、何とか生き延びようとする本能はそれを狂い気が狂って洞穴を脱出して別の1本の通路に沿って崖に向っていちばん逃げさせます。ちょうど崖に着いて突いて、その頭が行って直ちにひどく一撃を受けて、すぐ引き続き、その首のまたあとで追ってこられる彼女は必死にしっかり噛みます。
時間は凝固しました。小さい青羊がもうもがきない時、彼女はやっと疲れきり松は口を開きます。
彼女は頭を上げて自分の仲間に向かって1つ眺めました。彼の眼光もちょうど彼女の身に降ります。彼らの眼光は行って最後に一回交流します。
このごく確かなのは最後に一回交流するのです。今度の交流の時間はそのようなが短くて、しかし順次伝えた内容ところがそんなにの多いこと。交流の時、彼らはいかなる時間の思考がいらないですでに徹底的に相手の意図の自分の立場とみんなの共通の需要に分かりました。
彼ら一生の中の最後の1つの動作、今度の交流に伴いますと同時発生したのです。彼女は鋭いむき出した牙に小言を言って跳ねてと起きます。彼はも口を開けて勇猛に反撃します。完全にと同時にで、彼らはそれぞれ相手の首の側面をしっかり噛んで、そして同時にすべて上肢で相手をしっかりとかき集めて居住します。彼らの各自の口の中、すべて同時に相手のあたたかい血液に流れ込みました。あれは自分に生存し続けることができる幸せな美酒です。彼らはすべてあの美酒に陶酔されました。ひとつは中から郷里のあの温かみの土で築いたオンドルの配りだすすがすがしい香りを嗅ぎ出して、ひとつは中から子供が自分の育むこともとですくすくと育っていることを見ました。
大雪はこの時におり始めました。

翌日の早朝から、年を取った猟師は1つの猟をした良い時なことを判断します。大雪がはっきりしていて動物達足跡に下へ拓本をとることができ(ありえ)るため、隠れるとても深い獲物達にふだん簡単に自分の行方を暴露させました。彼は着手して尾根の上に来ることに乗って、はるかに高い連峰の上で見えて、1対の真っ白い恋人は長い年月が経過してキスを抱擁します。

営業 求人海外営業MR
未経験 営業営業のキャリア事務 求人一般事務営業事務経理事務医療事務
posted by リュウマン at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。